NAVIKEIBA
Amaxoop2 カテゴリ
KEIBA (2)
アクセスカウンタ
今日 : 3
昨日 : 8787
総計 : 480319480319480319480319480319480319
競馬交差点一覧
競馬交差点
トータライザー 柏木次郎

予想オッズ クイーンステークス

トータライザー社の唯一の公式サイト/ホームページです。トータライザー社では、これ以外にウェーブ・サイトは運営しておりません。このホームページの文章は、柏木次郎が担当しております。トータの数値の紙媒体による配信は、全面的に幕を閉じました。インターネット版をご利用いただきたいと思います。ホームページの右上に、サンプル(いささか古い…)とお申し込み方法を掲載しています。ご利用をお待ちしております。


 先週、新型コロナウイルスに関して“ゼロ・リスク”を主張する人たちがいると聞いて、とてもビックリした。この人たちは“人類が撲滅できた唯一の感染症は天然痘だけ”という現実を知らないのだろうか。
 そして、新型コロナウイルスのワクチン接種が50%を超えたイギリスで、再び感染が拡大して、イギリスのジョンソン首相は「ワクチン接種率が100%にならないと“集団免疫”はできないのではないか…?」などと言い始めている。ちなみに、集団免疫とは、「人口の一定割合以上の人が免疫を持つと、感染患者が出ても、ほかの人に感染しにくくなること…」と厚生労働省のホームページにある。
イギリスではすでに約69%が1回接種、約56%が2回接種を終えている。また、感染者数の累計は約580万人で、全人口の約9%であ。2回接種約56%と感染者約9%の合計65%が“抗体”をもっている。65%ともなれば、そろそろ集団免疫を獲得してもよい割合のはずだったが、感染は収まらない。
集団免疫論に対する不信はイギリスばかりではない。フランスのマクロン大統領が、ワクチン接種の“義務化”を唱え、また、ニューヨーク市のデブラシオ市長も、市職員(警察官などを含む)のワクチン施主を義務化すると宣言したらしい。義務化ということは、いうまでもなく、100%接種が視野に入っている。
 ところで、ジョンソン首相の言うように、全員がワクチン接種というのなら、「もはや集団免疫論は不要だろう…」と突っ込みたくなるが、それはさておき、本来、ワクチン接種は“自己防衛のため”のものである。感染しても自分の体がワクチンで守られているならば、集団免疫の“ある・なし”について思いを巡らせることはないだろう。
 さて、今週はクイーンステークスである。
 過去10年に、単勝1番人気が5回も優勝しているレースである。平均的には、単勝1番人気の1着率は30パーセント程度なので、それとの比較から1着に関しては本命視された馬が順当に勝ち名乗りをあげるレースといえる。
 ところで、単勝1番人気が優勝しても、2着も人気サイドというわけではない。2011年、2012年、2013年と3年連続で単勝1番人気が優勝しているが、2011年と2012年の2着はいずれも単勝10番人気、2013年の2着は単勝8番人気だった。
 単勝1番人気の優勝が多いその一方で、2016年には単勝9番人気が1着、昨年は単勝11番人気が1着などと、かなり人気のない馬の優勝もある難解なレースである。
 その難解なレースで、過去10年、最も活躍しているのが、“前走、G気暴仭”という馬たちである。“前走、G気暴仭”という馬が、1着と2着、いわゆる“ワン・ツー”だった年はなかった。ただ、1着と2着、“どちらか一方”というのなら10年ずっと続いている。ちなみに、“前走、G気暴仭”の1着は6年、2着は4年と、「ほぼ互角…」という結果になっている。
 ただ、留意しておきたいのは“前走、G気暴仭”というだけで、その前走のG気嚢チしていた馬ばかりではないことだ。2011年2着は前走のG気韮隠叡紂■横娃隠廓の1着は前走のG気韮乎紂■横娃隠暁2着は前走のG気韮隠乎紂覆弔泙蝓△匹鷽)、2019年1着は前走G気韮乎紂∈鯒の2着は前走のG気韮甲紊箸い辰振餽腓任△襦
 いろいろ課題のあるクイーンステークスだが、例年は札幌競馬場での開催も、今年は函館競馬場への開催変更という課題が加わる。

予想オッズ クイーンステークス
(トータの予測オッズではありません)

馬番  馬 名         性齢 斤量    単勝
 1.クラウ゛アシユト゛−ル  牝4 55   34.1
 2.イカツト         牝4 55   22.6
 3.フエアリ−ホ゜ルカ    牝5 56   15.0
 4.ロ−サ゛ノワ−ル     牝5 55     * 
 5.ト゛ナアトラエンテ    牝5 55    3.2
 6.マシ゛ツクキヤツスル   牝4 56    3.1
 7.マイエンフエルト     牝5 55     * 
 8.ウインマイテイ−     牝4 55   31.5
 9.テルツエツト       牝4 55    5.3
10.サトノセシル       牝5 55   15.5
11.シヤムロツクヒル     牝4 55   33.5
12.シケ゛ルヒ゜ンクタ゛イヤ 牝5 55    6.5

3連単オッズ(上位36組)
 3− 5− 6 154   6− 5−12  41
 3− 6− 5 152   6− 9− 5  39
 5− 3− 6 125   6− 9−12  76
 5− 6− 2 135   6−10− 5 124
 5− 6− 3  91   6−12− 5  50
 5− 6− 9  34   6−12− 9  79
 5− 6−10  93   9− 5− 6  45
 5− 6−12  41   9− 5−12  93
 5− 9− 6  40   9− 6− 5  44
 5− 9−12  83   9− 6−12  86
 5−10− 6 129   9−12− 5 110
 5−12− 6  52   9−12− 6 105
 5−12− 9  87  12− 5− 6  59
 6− 3− 5 120  12− 5− 9 100
 6− 5− 2 132  12− 6− 5  58
 6− 5− 3  89  12− 6− 9  93
 6− 5− 9  33  12− 9− 5 114
 6− 5−10  92  12− 9− 6 108

馬連・馬単オッズ
       馬連  →馬単←           馬連  →馬単←
 1− 2 363 856 629   4− 8  *   *   * 
 1− 3 241 730 361   4− 9 233  *  248
 1− 4  *   *   *    4−10 686  *  813
 1− 5  50 486  55   4−11  *   *   * 
 1− 6  47 479  52   4−12 292  *  316
 1− 7  *   *   *    5− 6   5  10   9
 1− 8 489 985 972   5− 7 121 127  * 
 1− 9  85 547 100   5− 8  49  55 474
 1−10 249 738 375   5− 9   9  14  22
 1−11 476 971 932   5−10  25  31 136
 1−12 106 577 130   5−11  48  53 449
 2− 3 177 439 295   5−12  11  16  32
 2− 4  *   *   *    6− 7 114 119  * 
 2− 5  36 271  42   6− 8  46  51 467
 2− 6  34 267  39   6− 9   8  13  22
 2− 7 884  *   *    6−10  24  29 134
 2− 8 358 624 838   6−11  45  50 443
 2− 9  62 311  77   6−12  10  15  31
 2−10 182 445 308   7− 8  *   *   * 
 2−11 348 614 802   7− 9 206  *  221
 2−12  77 331 101   7−10 606  *  733
 3− 4 666 786  *    7−11  *   *   * 
 3− 5  24 129  30   7−12 258  *  282
 3− 6  23 127  28   8− 9  83 534  99
 3− 7 588 708  *    8−10 245 722 372
 3− 8 238 357 714   8−11 470 952 926
 3− 9  41 153  56   8−12 104 563 128
 3−10 121 239 246   9−10  42  58 161
 3−11 232 351 682   9−11  81  96 508
 3−12  52 165  75   9−12  18  33  40
 4− 5 137  *  143  10−11 239 365 689
 4− 6 129  *  134  10−12  53 173  77
 4− 7  *   *   *   11−12 102 535 125
ニュートータ
競馬関連書評
競馬無敵の「孫子流21攻略」 (ベスト新書)

  (ベストセラーズ) 
競馬無敵の「孫子流21攻略」 (ベスト新書)

2008/02/27 (tisiyama)
ラップギア―タイム理論の新革命

  (ベストセラーズ) 
ラップギア―タイム理論の新革命  (1)

2008/02/26 (tisiyama)