NAVIKEIBA
Amaxoop2 カテゴリ
KEIBA (2)
アクセスカウンタ
今日 : 6
昨日 : 4343
総計 : 494020494020494020494020494020494020
競馬交差点一覧
競馬交差点
トータライザー 柏木次郎

予想オッズ 日経新春杯

トータライザー社の唯一の公式サイト/ホームページです。トータライザー社では、これ以外にウェーブ・サイトは運営しておりません。このホームページの文章は、柏木次郎が担当しております。トータの数値の紙媒体による配信は、全面的に幕を閉じました。インターネット版をご利用いただきたいと思います。ホームページの右上に、サンプル(いささか古い…)とお申し込み方法を掲載しています。ご利用をお待ちしております。


新型コロナウイルスの新株オミクロン株の影響だろうか、新規感染者数が日本でも急激に増加しているようだ。この状況に際して、岸田総理はワクチンのブースター接種の前倒し、また経口薬の普及を急ぐよう関係各方面に指示したとニュースになった。
ワクチンと経口薬は、感染症対策の医学面での“2つの柱”であり、この2つが揃わなかったために、この2年、全世界の人が苦労したわけである。それがようやく2つともに用意できる状況が訪れようとしている。新型コロナ騒動も、新たなフェーズに“これから”突入しようとしている。
そんな折り、オミクロン株の感染拡大で、問題になってきているのが、感染者やその濃厚接触者の取り扱いである。オミクロン株の感染力があまりにも強いために、これまでのデルタ株などより、感染者が爆発的に増える。その結果、働き手の確保に困る事態が発生している。とくに海外では感染者数が日本とは比較にならぬほど多く、深刻な事態になっているようだ。
唐突だが、病気に対する“原点”に立ち返るときがきたと、ふと思う。病気においては“症状がある人・場合”に治療をする。言い方を換えれば、無症状者は治療しない。症状がないのだから「どうしようもない…」のである。
新型コロナウイルスの場合、当初から無症状者が感染を拡大しているといわれてきた。だから、症状のある人だけではなく、無症状者も隔離して、感染拡大を防ごうとしてきた。しかし、オミクロン株の場合は、感染スピードが速いだけではなく、無症状者が多数を占めるという。症状のない無症状者を検査であぶり出すことは困難を極めるだろう。
感染を防ぐには、手洗い消毒、マスク着用、人との距離といった基本的感染対策しかない。基本的感染対策で、最大限、感染を防ぎ、そして無症状者をどう扱うか。そう考えたほうがシンプルなような気がする。欧米では“濃厚接触者”を隔離の対象から外す施策をとっているようだが、真のターゲットは“無症状者”のようにも見える。
さて、今週は日経新春杯である。
馬名を挙げたら切りはないが、古くは1999年メジロブライト、2001年ステイゴールド、2011年ルーラーシップなどの名馬が、日経新春杯で1着になった後に、G気燃萍した。最近でも、2017年ミッキーロケット、2019年グローリーデイズなどが、このレースの優勝後にG汽Εぅ福爾砲覆辰討い襦
日経新春杯は1月におこなわれるハンデのG兇任△襦1月という時期からすれば、春のG祇鐇にはまだ日数がある。G兇覆里念賣馬の契錣聾込めそうだが、一方、ハンデ戦なので一流馬は重いハンデを課される可能性がある。参加を躊躇する陣営も少なくないことだろう。
過去10年では、2012年に58.5キロを背負ったトゥザグローリーが優勝している。だが、2013年以降、ハンデで57キロ以上の馬が1着、いや2着になった例はない。ちなみに、2013年以降、ハンデ58キロを背負った馬は5頭いたが、2016年のサトノノブレスの3着を除けば、3着以内になった馬はいなかった。またハンデ57.5キロの馬の参加も3頭あったが、3着以内になった馬は1頭もいなかった。
今回、昨年暮れのG恵翔新聞杯を制したショウナンバルディと、昨年末のG詰馬記念で4着のスイテラヴェローチェがハンデ57キロを背負う。仮に、両馬のうちのどちらかが、この日経新春杯で1着なれば、いや2着になっても2013年以降の10年では“初”という“プチ快挙”である。
ということだが、ひとまずハンデの件を離れ、どんな馬が活躍しているかを探ってみる。
まず1着馬だが、“前走がG気G供匹箸いη呂如過去10年の1着馬10頭のうち6頭を占める。ついで、“前走が3勝クラス”という馬で1着馬10頭のうち3頭、そして“前走が2勝クラス”という馬も1頭いた。
ついで2着馬は、“前走がG掘匹過去10年の2着馬10頭のうち4頭。“前走が3勝クラス”が2着馬10頭のうち4頭。残りの2頭だが、1頭は前走がG供△發Γ影は2勝クラスだった。
抜群の実績とは言えないまでも前走がG機■猫兇箸い実績馬と、前走が3勝クラス(あるいは2勝クラス)を勝ち上がったばかりの上がり馬と、どちらが有利ともいえない“捕まえどころのないレース”だが、波乱は多くはない。波乱になったのは、この10年で2回である。その1つ、2015年は馬連1万150円といった小波乱も、もう1つの昨年2020年は馬連で5万8千60円という大波乱になった。やはり競馬では何が起きるかわからない。

予想オッズ 日経新春杯
(トータの予測オッズではありません)

馬番  馬 名         性齢 斤量    単勝
 1.モス゛ナカ゛レホ゛シ   牡5 55   33.4
 2.クラウ゛エル       牝5 54    7.6
 3.マイネルウイルトス    牡6 56   21.8
 4.ステラウ゛エロ−チエ   牡4 57    2.6
 5.ロ−ト゛マイウエイ    牡6 56     * 
 6.ヤシヤマル        牡5 54   57.8
 7.アフリカンコ゛−ルト゛  牡7 55   31.8
 8.フライライクハ゛−ト゛  牡5 55    3.8
 9.マイネルフラツフ゜    牡6 53     * 
10.ヨ−ホ−レイク      牡4 55    9.1
11.シヨウナンハ゛ルテ゛イ  牡6 57   19.2
12.エフエクトオン      牡6 53     * 
13.トツフ゜ウイナ−     牡6 55   55.7
14.フ゜レシヤスフ゛ル−   牡8 55   22.8
15.タ゛ノンマシ゛エステイ  牡7 55   15.2
16.トラストケンシン     牡7 53   29.4

3連単オッズ(上位36組)
 2− 4− 8  67   4−14− 8 164
 2− 4−10 156   4−15− 8 110
 2− 8− 4  78   8− 2− 4  69
 4− 2− 8  53   8− 4− 2  50
 4− 2−10 122   8− 4− 3 135
 4− 3− 8 157   8− 4−10  60
 4− 8− 1 171   8− 4−11 117
 4− 8− 2  44   8− 4−14 141
 4− 8− 3 119   8− 4−15  97
 4− 8− 7 163   8− 4−16 172
 4− 8−10  53   8−10− 4  84
 4− 8−11 103   8−11− 4 176
 4− 8−14 124   8−15− 4 143
 4− 8−15  85  10− 4− 2 163
 4− 8−16 151  10− 4− 8  83
 4−10− 2 126  10− 8− 4  96
 4−10− 8  64  15− 4− 8 148
 4−11− 8 135  15− 8− 4 170

馬連・馬単オッズ
       馬連  →馬単←           馬連  →馬単←
 1− 2 129 629 162   5−12  *   *   * 
 1− 3 361 879 613   5−13  *   *   * 
 1− 4  39 476  43   5−14 855  *   * 
 1− 5  *   *   *    5−15 584  *  713
 1− 6 836  *   *    5−16  *   *   * 
 1− 7 498  *  973   6− 7 799  *   * 
 1− 8  62 532  70   6− 8 100  *  108
 1− 9  *   *   *    6− 9  *   *   * 
 1−10 155 659 203   6−10 249  *  297
 1−11 312 828 501   6−11 501  *  691
 1−12  *   *   *    6−12  *   *   * 
 1−13 778  *   *    6−13  *   *   * 
 1−14 376 894 649   6−14 604  *  878
 1−15 257 770 385   6−15 412  *  541
 1−16 461 980 869   6−16 740  *   * 
 2− 3  90 123 331   7− 8  59 489  68
 2− 4  10  38  13   7− 9  *   *   * 
 2− 5 293 327  *    7−10 148 609 196
 2− 6 207 241  *    7−11 298 770 487
 2− 7 123 157 580   7−12  *   *   * 
 2− 8  16  46  23   7−13 744  *   * 
 2− 9 326 360  *    7−14 359 833 632
 2−10  39  71  84   7−15 245 715 374
 2−11  77 110 259   7−16 440 915 849
 2−12 367 401  *    8− 9 157 165  * 
 2−13 193 226  *    8−10  19  27  62
 2−14  93 126 355   8−11  37  45 208
 2−15  64  97 187   8−12 176 185  * 
 2−16 114 148 506   8−13  93 101  * 
 3− 4  27 239  31   8−14  45  53 291
 3− 5 821  *   *    8−15  31  39 147
 3− 6 580 833  *    8−16  55  63 424
 3− 7 345 597 818   9−10 392  *  440
 3− 8  43 271  51   9−11 789  *  979
 3− 9 913  *   *    9−12  *   *   * 
 3−10 108 352 155   9−13  *   *   * 
 3−11 216 466 404   9−14 951  *   * 
 3−12  *   *   *    9−15 649  *  779
 3−13 540 793  *    9−16  *   *   * 
 3−14 261 511 532  10−11  93 140 276
 3−15 178 427 306  10−12 441 489  * 
 3−16 320 571 726  10−13 232 280  * 
 4− 5  89  92  *   10−14 112 159 376
 4− 6  63  66  *   10−15  77 124 201
 4− 7  37  41 437  10−16 137 185 533
 4− 8   5   8  12  11−12 888  *   * 
 4− 9  99 102  *   11−13 467 656  * 
 4−10  12  15  52  11−14 225 413 496
 4−11  23  27 182  11−15 154 340 281
 4−12 111 114  *   11−16 276 465 681
 4−13  58  62  *   12−13  *   *   * 
 4−14  28  32 258  12−14  *   *   * 
 4−15  19  23 127  12−15 731  *  861
 4−16  35  38 378  12−16  *   *   * 
 5− 6  *   *   *   13−14 562  *  836
 5− 7  *   *   *   13−15 384  *  513
 5− 8 141  *  149  13−16 689  *   * 
 5− 9  *   *   *   14−15 186 455 313
 5−10 352  *  400  14−16 333 605 739
 5−11 709  *  899  15−16 227 356 630

ニュートータ
競馬関連書評
競馬無敵の「孫子流21攻略」 (ベスト新書)

  (ベストセラーズ) 
競馬無敵の「孫子流21攻略」 (ベスト新書)

2008/02/27 (tisiyama)
ラップギア―タイム理論の新革命

  (ベストセラーズ) 
ラップギア―タイム理論の新革命  (1)

2008/02/26 (tisiyama)